紫根(シコン) 

  • 2,750円(税250円)
重量 80
数量





〜生薬 紫根〜

飛鳥・奈良時代の万葉集に詠み込まれた麗しの植物「紫草」

  古代より染料や薬用として大切にされており、平安時代の枕草子や源氏物語を経て近代の宮沢賢治に至るまで、数多くの文学作品に「日本の伝統文化を象徴する植物」として扱われてきました。しかし近年、絶滅危惧Bに指定されております。
この紫草の根の部分が「生薬 紫根」となります。

紫根は、推古天皇(608)のころ、遣隋使として大康国から小野妹子が持ち帰り伝えたとされており、この紫根から色素を抽出して布を染め上げた「紫色」は、日本三大色素の一つとして古くから伝わる草木染の中でも、希少性ゆえに、洋の東西を問わず高貴な方のものとして大切にされてきました。


あなたにおすすめの商品